美良島 ヘリコプター Ver.2

 2011-11-08
入れ替わる先客に釣果を尋ねてみると、
底物がメインだったようで、ヒラスは釣れていないという。
ただ、マグロを1本ばらしたとの事でした。

かくして、ヘリコプターでの釣りが始まります。
釣座は、右からF井氏、私、M好君の順で
正面の倉島めがけてタルカゴを投げていきます。

F井氏が隣でフカセからはじめ、
面白いように竿を曲げています。
クロ、バリ、ハゲ、イサキ、灸ガツオ
結構楽しそうですが、私のタルカゴには何の反応もありません。

悔しいので、針を小さくしてハリスを6号に変更します。
3時ごろでしょうか、
タルカゴがゆらゆらっと沈み、
(やっと当たりが来た!)
軽く合わせを入れて、
っと、次の瞬間
とんでもないパワーで竿をひったくられ
思わず片膝ついて両手でロッドを持った瞬間に
ドラグが唸りをたてて回転した。
ウオ~~ン!
一瞬の間に竿からテンションが無くなっていました。
何、今の!
(ドラグが無かったら、海に引きずりこまれていた・・・)
膝を強打して、少し血がにじんでいます。

いきなり 化け物の洗礼 受けて、気合が入ります。
仕掛けを8号ハリスに戻し、針もでかくします。

何投かして、また当たりが
渾身の力で合わせを入れ、両手両足で踏ん張ります。
が、ドラグは出ません・・・
あれ?意外とリールが巻けます。
上がってきたのは40cmくらいの良く太ったウマズラハゲでした。
(びっくりさせんなよ! )

でも、チョッと魚の気配がしてきました。
集中してタルカゴを流していると
またしても綺麗にウキが入ります。
今度こそ、渾身の力で合わせを入れ、
「来た!来ましたよ」
両手両足で踏ん張ります。
が、またしてもリールが巻けます。
上がってきたのは中型のマダイ
そのまま抜き上げて、検寸すると47cmの
美味しそうなマダイでした。
(でも、でも貴女ではないんだ・・・)

あっという間に地合も終わり、沈黙が続きます。
(あとは夕マズメか・・・)

CIMG0837編集
遠くに見えるは、白瀬

そして夕マズメ、
その時がやってきます。
何の前触れもなく、波間に揺れるタルカゴがゆっくり沈んでいきます。
来た!
渾身の力で合わせを入れ、両手両足で踏ん張った瞬間
またしてもドラグが唸りをたてて回転します。
ウオ~~ン!
(今度こそ・・・)
あっ!
またしてもテンションがなくなります。

話にならん・・・

あとは10号しか持ってないし・・・

リベンジどころか、返り討ちに遭ってるし・・・

放心状態 のまま夜を迎えてしまいます。
隣ではF井氏が機関車のごとくイサキを釣りまくっていますが、
私には釣れません。
気持ちが何処かにいってしまっているのです。
釣りを諦め、
明日の朝マズメに備えて
雨の中、傘をさして仮眠します。

Ver.3に、つづく・・・




FC2Blog Ranking 広島ブログ
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/1025-afe27856

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫