FC2ブログ

美良島 ヘリコプター Ver.3

 2011-11-09
雨は振ったり止んだり・・・
傘をさしては、なかなか眠れません。
(そうだ、Y本先生にTELしてみよう!)

先生達の状況を確認したあと、
これまでの私の出来事を捲くし立てたのです。

「あ~っ、それは マグロ ばい!」
「14号くらいのハリスを持っとらんと?」

「じゅ、14号 ですか!持ってないです」
「明日、10号で頑張ってみます」

そんな会話が磯の上でなされていました。

雨は未明になって本降りとなり、
やがて土砂降りとなりました。
F井さん達には申し訳ないが、
私だけが傘をさして耐えます。

遅い、遅い、夜が明け
意を決して磯に立ちます。
(さあ、泣いても笑っても美良での最後のチャンスだ!)
最後の砦とも言うべき
10号ハリスに2本針の秘密兵器を取り出し
最終日の釣りが開始されます。

何投かして、ウキに当たりが
気合とは裏腹に手ごたえは普通・・・
(イサキか・・・)
予想通り40cm弱の良型イサキでした。
針は上唇ともう1つは外から下顎に掛かっていました。
(この仕掛けはイケル・・・)
この確信が、あとで災いすることになります。

地合を告げるこの1尾が、
フカセをしているF井氏にも来ます。
「今、青物に飛ばされた!」

どうやらヒラマサが回ってきたようです。

しかし、焦って投げた仕掛けが左の近場を流れます。
(ゴルフで言う、引っ掛け。釣りでも出るか!情けない・・・)
これでは、寄せる波でますます近くなります。
回収しようと竿を立てた時、
ウッ、根掛かりか?
いや、魚の手ごたえだ!
戦闘態勢に入った瞬間、
ドラグが、ジ~~~ とトルクフルに出て行きます。
大物を確信した瞬間、またしてもテンションがなくなります。
今度は 針ハズレ!
反射食いとはいえ、もったいない。

そんなヘマをしている間に、今度はF井氏がヒラゴを掛けます。
貴重な時間帯に玉網助に行き、時間を取られてしまいます。
そして、美良の第1号ヒラスはF井氏が釣り上げたのです。
(写真を撮っている暇はありません)

狙ったポイントにイメージ通りにキャスト!
サミングをして上手く挿し餌をテイクオフし、着水させます。
大きくしゃくって撒き餌を放出、挿し餌と同調させます。
我ながら完璧な投入に感心していると、
当たりです。
(今度こそは!)
気合を入れて合わせを入れると、
懐かしい手応えががロッドを通して伝わってきます。
(ヒラマサだ・・・)
慎重に寄せてくると、
瀬際でこれまた走り始めます。
(間違いない・・・)
と、左の瀬に突っ込まれてしまいます。

あっ!

下手くそ!

何やってんねん!

無情にもバラシてしまいます。
上げてみると、またしても 針ハズレ!
(この仕掛けはヒラマサの口には合わないのか・・・)

すぐさま針を1本切って投入するも、時すでに遅し!
海は無情にも時化てきたのです。
CIMG0844.jpg
万事休す!

Y本先生からも撤収のTELが入り、今回の釣行は終了となりました。

私の釣果
CIMG0838.jpg タイX1 イサキX1 トランク大将が寂しそうです。

F井氏の釣果
CIMG0847.jpg ヒラゴX1 イサキX多数

こうして今回も、
大自然に、大魚に、翻弄されっぱなしに終わってしまいました。
ゴルフ同様、まだまだ修行が足りないようです。
バラシX4 ですから・・・涙、涙、

次回、何時になるか分りませんが
必ずやリベンジしたいと思います。
長々とお付き合いいただき、ありがとう御座いました。






FC2Blog Ranking 広島ブログ
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/1026-298823b5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫