バック9 を振り返り

 2013-06-26
先週の業者会コンペ・・・
まだまだ書き留めておきたい事があるのです。
それは次に繋がるヒントを得たからです。

5ホールを終えて1オーバーとアプローチが冴えわたって迎えた15番ミドル。
ここも右ドッグで右がOBになっています。
右にプッシュアウトしてしまう過去の恐怖から
またしても左に引っ掛けてしまいます。

距離が出ていない上にグリーンから遠くなる左ラフ・・・
ここで私は、あることを試してみたのです。

6番アイアンのフェイスを少し開き、
フェイスローテーションをなくし
手首の角度を変えないカット打ちをしたのです。

するとどうでしょう。
水分をたっぷり含んだラフから、真直ぐクリーンに打てたではありませんか。
ボールはグリーン手前の花道です。
ここも寄せてパーセーブと思いきや、
グリーンが奥に向かって下っていることに気が付かずオーバーしてしまい、
3PTで痛恨のダボ・・・

そんなことよりも、ラフからのショットに開眼を見たのです。

自分では手首の角度を変えないでカットに振っているつもりが、
実は体が捻転している分、クラブはオンプレーンに降りていることに気が付いたのです。
フェイスローテーションをしないことで掴まりが良くなり
さらに方向性までも良くなっています。
(これは、私のスイングを大きく変えるかもしれない・・・)

それが証拠に次の16番ショートではナイスショットをして、バーディーを奪取するのでした。

CIMG4189.jpg

雨のゴルフ・・・
雨の釣りよりも、後片付けが楽ですね!




広島ブログ FC2Blog Ranking
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/1319-1c66c5d6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫