大収穫!in 安芸CC

 2013-11-22
昨日は、安芸CCにて業者会コンペに参加してまいりました。
もちろん、ティーは主催者の見栄でバックティーです。

IN
CIMG4863IN.jpg

パーX2 ボギーX2 ダボX4 +4X1の50点。
(パーオン1/9 3PTX1)

NO,10 はバックティーが使用できないためレギュラーティーからです。
ここを難なくパー発進するも、バックティーからではボギーがダボになり
ダボ地獄から抜け出せれません。

そして運命のNO,15
ティーショット、2ndショットともまずまずで迎えた3rdショット。
I#7で打ったショットが突然のチーピンで、左バンカーの顎に突き刺さります。
(結局、グリーに乗せるのに手こずり9点・・・)
15hole[1]
この時、後ろで見ていたF本氏が、
「N山さん、上体が迎えに行ってますよ」
と、右肩が突っ込んだ私のスイングをまねして見せたのです。

この瞬間、今まで霧で曇っていた私の視界が急に明るくなったのです。
(そうか、これが突発性チーピンの原因だったんだ・・・)

以降、私のショットが見違えるように良くなったのは言うまでもありません。

で、実は後ろの組から進行が遅いとクレームがあったのです。
(そりゃそうですよね、この会には100を叩く若手から、女性もいるのですから・・・)
昼からは、ティーをレギュラーに変更してのスタートとなりました。
(よっしゃ!)

OUT
CIMG4863OUT.jpg

バーディーX2 パーX2 ボギーX4 ダボX1の40点。
(パーオンX1/9 3PTX1)

ショットが良くなってレギュラーティーからなら、
後半は、バーディーも飛び出し絶好調でした。

相変わらずパーオン率は低いのですが、ショットは格段に良くなっています。
低い引っ掛け気味のショットが、少し右からハイドローになっていったのです。
その変貌ぶりに、K手氏もS谷氏も認めてくれはしたものの
「でも、一晩寝たら忘れるよ!」

しかし、私にはラウンド中に修正できたことが確実に自信に繋がったのです。
最後の9番ロングも、ティーショットは少しトップ気味に当たったもののフェアウエイセンターに
普段、レスキューを使ってフェアウエイウッドを使わない私ですが、
打てる自信があったのです。
結果は右からのハイドローでピンまで60ヤード。
58°のウエッジで放ったショットはベタピンの60cm!

ワンポイントアドバイスしてくれたF本氏も、唖然・・・

次回は、12月の岩国センチュリーで団地のコンペです。
果たして、この開眼は本物か?
乞う、ご期待!




広島ブログ FC2Blog Ranking
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/1384-9fd48629

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫