復調の兆し in フォレストヒルズGR

 2014-06-13
昨日は、フォレストヒルズGRでの業者会コンペに参加してきました。
そう、ショットに対する心構えはできています。

それでは、
CIMG5081縮小

OUT
パーX4 ボギーX3 ダボX2 の43点。
(パーオン 1/9 寄せ1 3/5 OBX1)

IN
パーX4 ボギーX4 ダボX1 の42点。
(パーオン3/9 寄せ1 1/5 )

だいぶ精神的に大人になってきましたね。
失敗しても動揺しなくなり、後を引かなくなりました。
唯一、NO,13のショートで50cmのベタピンに着けながら
バーディーパットを外したときはさすがに動揺しましたけど・・・。
それでも1打、1打に集中して、難しいパットも決まるようになりました。

ティーショットでは、左のこめかみ辺りに打ちたい方向を感じながら
慎重にかつ大胆にラインを出して打っていく。
1発はOBを打ったものの、
ティーアップをしてのショットは、ウッド、アイアンともにまずまずでした。

が、地面からのショットが相変わらずダフッたリチーピンがでたり不安定です。
アイアンショットでは、フェイドを意識しアウトサイドインに振るとクリーンにヒットできるのですが
1番手ほど距離が落ちます。
何度もグリーン手前のガードバンカーに掴まりました。
飛距離が落ちることを想定して番手を上げればいいことなのですが、
問題は、UTやFWです。
これがどうやっても上手くいきません。

この辺が上手くなれば、ロングでもっと楽にパーが取れるし
アイアンが切れればバーディーチャンスも増えて
次なるステージが見えてくるのですが・・・

まだまだ、修行の道は続きます。




広島ブログ


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/1474-b7100676

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫