09'2,6-8 男女群島遠征 次郎鼻 完結編

 2009-02-15

「テルチャン」、「テルチャンのスベリ」を回収して東磯に。
到着したのは「シケシラズのハナレ」、高知の2人組が降りた。
「シケシラズの水道」が空いているが、バラモンに取られる。
F井氏の大好きな「シケシラズ」ではあるが、鈴なりの人、人、人・・・

かくしてヘラクレスは女島を目指した。
釣り客の誰かがポーターに尋ねる。
「今日は何杯来てるんや?」
「うちが何杯、あそこが何杯・・・全部で11杯!」
ざっと見積もっても300人以上が東磯にひしめき合っている計算だ。
しかも、ポーターが続ける。
「まだこれに、うちのカイザーが40人乗せて向っている」と・・・
土日の日帰り便ってやつか、
期待に胸膨らませてやってくる彼らに残された磯は・・・
考えただけでも、可愛そうで言葉にならない。

地の平瀬の水道側だと嬉しいな、そんな思いとは裏腹に
着けた磯は「次郎鼻」
CIMG1518縮小

ガ~ン、以前も上がったことがあるが、何にも釣れない寝るだけの磯。
終わった・・・
「これなら船で寝た方が良かったですね」
「ほんとそうやね・・・」
そういいながらも釣りを続けるF井氏。
まるで池の畔に座って、フナを釣る老人のように・・・
ところがこのおじさん、サンノジを釣って大騒ぎした後
45cmオーバーの良型口太を釣り上げた。
「もう45cmはいらん!あげる」
「って言うか、F井さんのイグローに入りきらないでしょう」

私が主役で居られたのは夜釣りだけ、
お日様が上がってからは、この人にやらっれぱなしだ。
もう充分でしょう、私のやる気は遠の昔に終わってる。

この後、差し入れのご飯弁当を美味しくいただいた。
味噌汁にご飯、沢庵と昆布で半部、
残りの半分にはレトルトカレーをかけて完食。
あ~美味しかった!
そして、朝まで爆睡したのであった。

CIMG1525縮小  F井氏に比べて半分以下の釣果の私。
次回は必ずやリベンジしたいものです。




タグ :
コメント
ハラハラ、ドキドキ。楽しませて頂きました!
男女というのはやっぱり凄いところなのですね。
もう存分に釣り捲る日々は本当に羨ましいです。
それに、集中力やモチベーションを維持するのが如何に大変で重要か、よくわかりました。カツオを手で寄せるなんて、さすがですね~。
夢を残した次回の男女釣行を楽しみにしています。
いやー、それにしても凄い!
【2009/02/15 17:59】 | ふじた #SFo5/nok | [edit]
いや~1週間も付き合っていただき有難うございます。
まだまだ書きたいことは沢山あるのですが、
鬼嫁に「くどい!」って一言。
この辺で一旦終わりますが、
今回は男女でも指折りの1級磯に上がったのでものですから、
本当に凄かったです。
また来年、夢の続きを・・・
でもその前に、やるべき課題が山積です。
1年かけてまた大きく成長したいものです。
【2009/02/15 21:12】 | yellow tail #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/416-affe67ab

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫