続 春の高島 スズメ

 2009-03-22

右手でキャスト、左手でリーリング。
右手で竿を上げて、左手でカゴを掴む。
エサバッカンを左側に置いて、撒き餌の補充及びエサ付け。
なかなかリズム良く手返しできる。
(今後このスタイルを確立していこう)

潮はゆっくり左に流れ、刺し餌は残ってくる。
期待を込めて打ち返すも反応が無い。
そんな時、今回初参加でO崎氏の職場の後輩
Y田氏に当たりがあたります。
彼はルアーマンで、先週もみすみ丸で大型ヒラマサを2本も釣っている。
そんなY田氏がスズメの高場からジグをキャストしヒットさせたのです。
玉網入れする場所を指示して、
掬い上げたのは、紛れもなく65cmのヒラマサ。

CIMG1607縮小  彼は必ず何かを釣って帰る凄腕らしい。

(後でうなだれる先輩O崎氏 談)

残りの餌釣り隊4人が、一生懸命負けじと竿を振ります。
それから1時間が経過した頃、U田君にHIT!
目を凝らしてカゴの先を見つめると、縞模様が綺麗な石鯛。
40cmは悠に超えている良型だ。
O崎氏が玉網を持って後に回った瞬間、痛恨の針ハズレ。
うわァもったいない!

そして、今回の釣行がこれで終わっていたなんて・・・
誰も知る由もありませんでした。
一心不乱にカゴを投げるも、
私のウキは1度も沈むことなく納竿を向かえるのでした。

CIMG1614縮小  ベタ凪ぎのスズメ、何故か私はここで良い思いをしたことが無い。
しかもここ数年は、なかなか高島で良い釣りが出来ていない・・・
そろそろゴルフに目覚めるか?

港に上がって釣果を確認すると、
なんとコダンも撃沈していた。唯一マツガマエで鯛が2枚。
時化が続き、エサも入っておらず潮も悪い。
来週の週末ぐらいが良かったかも・・・
そんな話で大浜港を後にした。

ちなみに、Y田氏が月刊釣画報の取材を受けていた。
来月あたり載りそうです。

タグ :
コメント
天気は最高,潮は最低って感じでしたね。あそこまで潮が流れないと,池で釣りをしてるような感覚でした。
これに懲りずに高島行きましょーよ。パーティも楽しかったし(奥様方は大変ですが..),きっとヒラマサ君はそこまで来てます(来てるはず)!
【2009/03/22 21:31】 | おろ #- | [edit]
スズメは潮に左右される磯ですね。
私も何度か上がりましたが、まさしく天国と地獄。それでも一緒に釣った師匠は結果を出しますから、余計に凹みます。(笑)
次回高島は、きっと笑ってくれます・・・かね?(^^;
【2009/03/22 21:43】 | ふじた #SFo5/nok | [edit]
ジグは禁止のはずでは?
少なくとも船長からは嫌がられるはずだが
【2009/03/23 08:14】 | ... #- | [edit]
おろ様
本当に地獄でしたね!
ふじたさんの情報によるとヒラマサは三隅火電に出張に行っていたようです。
今度はいつ行けるでしょうか?作戦を練っておきます。
【2009/03/23 16:02】 | yellow tail #- | [edit]
ふじた様
なかなか高島の按配と釣行日がマッチしてくれません。
やっぱり、足蹴く通うしかないようですね。
それにしても火電が熱いですね!
【2009/03/23 16:07】 | yellow tail #- | [edit]
...様
先ほど船長に確認したところ、
禁止というほど厳しくはしていないが、
ルアーだけのお客様は、やはりお断りをしているとのことです。
合流する可能性もあり、無用なトラブルを避けるためだそうです。
ただし、カゴ釣りをしている人が、
合間にルアーを投げるところまでは規制しないとのこと。
今回は同じグループ内ということもあり、お咎めは無かったですが、
今後トラブルを避けるためにも、Y田氏にはこのことを伝えておきます。
情報ありがとうございました。
【2009/03/23 16:17】 | yellow tail #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yellowtailsrep.blog103.fc2.com/tb.php/439-f2ec1706

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫